最新技術を活用し、日常生活を取り巻くさまざまなリスクに備える画期的な生命保険会社のサービスを提案せよ―生命保険協会―

生命保険協会は、生命保険会社の業界団体です。国内にあるすべての生命保険会社が加入していることもあり、生命保険の普及や顧客との相談窓口の運営、政府・行政との折衝など、業界に共通する課題に取り組んでいます。そんな生命保険協会で日頃から国民の安心を守っている月野さんと瀧田さんに、今回のテーマを出題するに至った経緯を伺いました。

【お話をしてくれた方】
瀧田 祐さん(写真右)
生命保険協会 企画部企画グループ 副調査役
ニューヨーク州立大学を卒業後、2008年に生命保険協会に入会。入会以来、業界の代表として様々な取り組みに従事。ベルギー・ブリュッセルに本拠地を置く国際保険協会連盟への出向を経て、現在では企画部に所属し、金融庁との折衝や他業界との調整窓口、保険教育の推進など幅広い業務に携わる。またSDGsや高齢社会など、生命保険業界と親和性の高い課題に積極的に取り組んでいる。

月野 辰郎さん(写真左)
生命保険協会 企画部 総合調整担当部長
東京大学を卒業後、2006年に大手生命保険会社に入社。人材交流の一環として2020年4月から現職。生命保険会社では個人保険の営業や、内勤職員・営業職員の人事運用等に携わる。生命保険協会では金融庁や生命保険会社各社等、協会内外におけるパイプ役を務め、各種意見の調整を行っている。

生命保険の使命は、安心を提供すること。

――まずは、生命保険とはどのようなものなのか教えてください。

瀧田さん:私たちは日々、さまざまなアクシデントと隣り合わせの世界を生きています。保険は、そうしたトラブルによる不安に備えるための仕組みです。なかでも生命保険は、病気や怪我、死亡など「人」に関わる損失を保障しています。一人ひとりが保険料を積み上げて多くの人とリスクをシェアし、自分や家族の生活が経済的に困難になったときにまとまったお金を受け取れるという相互扶助の仕組みで成り立っています。

月野さん:生命保険業界はこれまでも、世界大戦や震災、豪雨などの大規模災害において国民生活の向上を支え、一貫して安心を提供してきました。また現在は新型コロナウイルスの感染拡大予防に最大限努めながら、お客さまから寄せられる声を真摯に受け止め、世の中に寄り添った生命保険のあり方を模索しています。

――どんなときも、国民の安心を守ってきたのですね。

瀧田さん:はい。生命保険業界の使命は、お客さまに安心を提供することです。社会の変化に応じるだけでなく多様化するニーズを的確に捉え、発展する技術も活用することで、お客さま一人ひとりにあった商品・サービスの提供に取り組んできました。

不安を安心に変える。

――では、ここから、今回のテーマを出題するに至った背景について聞かせてください。

瀧田さん:皆さんもご存知の通り、我が国は人生100年時代に突入したと言われています。人々がより長生きできる環境になるのですから、このこと自体は非常に良い傾向なのですが、 一方で、これまでには想定もしていなかったことが起こると考えられます。たとえば老後の生活資金不足、平均寿命と健康寿命のギャップ、 高齢化の進展とともに生じる認知症の方の増加など、人々の不安やニーズはすでに変化しつつありますよね。

――日常生活には、さまざまな不安が潜んでいそうですね。

月野さん:生命保険業界にとって、ライフスタイルの多様化が進む現代においても契約をご継続いただける環境を整備していくことは、極めて重要な課題と認識しています。お客さまの人生に寄り添い、安心を提供するという生命保険会社の役割の必要性は、今後さらに高まる可能性があると考えています。

――なるほど。日常の不安を「リスク」あるいは社会課題ととらえ、最新技術で解決していくのが今回のテーマということですね。

瀧田さん:そうですね。たとえば昨年は農業や伝統産業、子育て、グローバル化、災害など、さまざまな社会課題を解決するアイデアが集まりました。

社会状況が刻一刻と変化する現代において、今までのやり方だけでは通用しません。世の中にある幅広い技術やイノベーションを活用して、不安を安心に変えるアイデアを考えてみてください。

「最新技術」には、最近注目されているブロックチェーンなどのテクノロジーはもちろん、デジタル端末の導入による効率化、AIやIoTの活用による自動化などのデジタライゼーションも含みます。

――生命保険会社のサービスの提案とのことですが、サービスの領域はかなり大きいように思えます。

月野さん:はい。生命保険商品に限らず、生命保険の普及や質の向上をサポートする付帯商品も「サービス」ととらえてください。たとえばアプリなど、お客さまとの接点を作るものもサービスに含んでいます。

また今回は生命保険協会として出題していますが、生命保険会社が提供するものとして考えていただいて構いません。

新しさと実現可能性の両方を考えよう。

――大学生の皆さんにとって、新しいサービスを作り出すことは簡単なことではないと思います。どのように取り組むと良いでしょうか?

瀧田さん:まずは自分ごととして考えることが大切です。そのために、子育てをしている親世代や身内のお年寄りなど身の回りの方々に、何が困っているのかを聞いてみることをおすすめします。彼らが抱える不安から、社会課題が見えてくるはずです。

あるいは、世の中にどのようなサービスがあるか調べてみるのも良いでしょう。すぐに新しいアイデアは出てこないものです。既存のサービスを参考にしながら、世の中にはないアイデアを作ってみてください。

月野さん:最新技術から発想してみるのも良いと思います。たとえばドローンに興味のある方は、ドローンの技術をこういう風にも使えないかな、と考えてみたり。

――なるほど。では、今回のテーマに取り組む上で気をつけるべきことはありますか?

月野さん:テーマはかなり自由度の高いものになっていますが、一方で実現性も重視したいと考えています。生命保険会社のサービスはお客さまから預かった保険料を使って提供するので、あまりに突飛すぎると「お金の無駄じゃないの?」と思われてしまい、信頼を失いかねません。社会やお客さまに還元するものであることを前提に、そのアイデアで「どのような安心を提供することができるか」を考えてみてください。

瀧田さん:とはいえ、一番大切したいのは皆さんの画期的なアイデアです。昨年は斬新なアイデアが集まり、大変刺激を受けました。皆さんのアイデアと熱量を前にして、我々も負けてはいられない、生命保険業界のさらなる発展に貢献していきたいと、気が引き締まりました。公共性の高い事業ではありますが、大学生ならではの切り口に期待しています。

ビジネスの世界に、正解はない。

――生命保険業界は今後、どのような取り組みに力を入れていくのでしょうか。

月野さん:まずは、新型コロナウイルスの各種対応の高度化を図っていきます。従業員の感染予防はもちろん、業界における取り組みの情報共有を積極的に進め、適切な業務継続に取り組んでいきます。このような時代にあっても、お客さまに変わらぬ安心をお届けしていきます。

瀧田さん:多様化するリスクや時代の要請に応じ、お客さまの健康増進に役立つ取り組みや若者向けの保険教育の推進、地球環境に配慮した資産運用などにも取り組んでいきます。私たちに求められる社会的役割を、しっかりと果たしていきたいですね。

――最後に、参加する大学生の皆さんへメッセージをお願いします。

瀧田さん:皆さんにはこれから、人生という長い道のりが待っています。そして、たくさんの不安に悩まされるでしょう。だからこそ大学生という早い時期から将来の備えについて考えることが大切だと、私たちは考えています。

とはいえ、なかなかそういう機会にめぐり合うことも少ないでしょう。今回のチャレンジを通して生命保険を身近に感じたり、将来の備えについて考えるきっかけになったりすれば、これ以上のことはありません。また生命保険会社の社会的意義の大きさや事業領域の広さも感じていただけたらと思っています。

月野さん:ビジネスの世界に、揺るぎない答えは存在しません。あるときは正解だと思ったことが、 1週間後には不正解になっていることもあります。 しかし、課題を見つけて限られた時間の中で自分なりの解決策を準備し、仲間と議論しながら答えに近づいていくというプロセスは、必ず求められます。決して簡単なことではありませんが、答えのない課題に、ぜひ挑戦してみてください。その経験がきっと、皆さんにとってかけがえのないものになるはずです。

プレエントリーはこちらから!

ENTRY