エーザイ

キャリアインカレ2020 エーザイ テーマ

製薬会社×異業種コラボで実現する、まったく新しいヘルスケアサービスを立案せよ

エーザイからのメッセージ

みなさん、こんにちは。エーザイは、「患者様と生活者の皆様の喜怒哀楽を考え、そのベネフィット向上を第一義とし、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足すること」を企業理念に掲げる、グローバルヘルスケアカンパニーです。

今回、みなさんに考えていただきたいテーマは「共生」です。エーザイは薬で患者様に貢献するほか、患者様とみなさん(生活者)が共生できる社会づくりに取り組んでいます。多様性が尊重される今日の社会において、もっとエーザイに出来ること、エーザイだから出来ることを、みなさんの目線から教えてください!

みなさんは、認知症(注1)についてご存じでしょうか?認知症は、グローバルな社会課題のひとつです。医療・介護の関連コストが膨大な上に、疾患への理解は十分とはいえません。患者様やそのご家族、周囲の方は、認知症に対する恐れや不安を持ったり、兆候があっても診察を先送りにしてしまって適切な医療的介入が進まないケースもあります。

エーザイは、治療薬の開発にとどまらず、認知症の発症を予防する、発症しても、認知症と共生できる社会をつくることに、挑戦しています。
これは、製薬メーカーだけで実現できることではありません。エーザイは、他のさまざまな業界とも協力し、お互いの技術やノウハウを融合することで、世の中にまだないヘルスケアサービス(ソリューション)をつくり始めています。
製薬という枠に捉われず、柔軟な発想で、新たなヘルスケアサービスを提案してください!

注1)認知症とは
老化による「もの忘れ」とは全く異なり、脳の神経細胞が壊れる、もしくは働きが極端に低下するために起こる症状や状態。
世界では3秒に一人が発症。毎年990万人が新たに認知症になり、20年ごとに倍増する、アンメットメディカルニーズ(注2)の高い領域。
(2015年4680万人、2030年7500万人、2050年1億3200万人 ※出典:World Alzheimer Report 2015)
日本における医療・介護などの関連コストは2015年で約90兆円、2030年には約220兆円に達すると推計される。

注2)アンメットメディカルニーズとは
いまだ満たされていない医療ニーズ、いまだ有効な治療方法がない疾患に対する医療ニーズ

エーザイについて

エーザイは、認知症とがんを集中領域とする、本社を日本に置くグローバルヘルスケアカンパニーです。

エーザイの社名に”製薬”という言葉はありません。なぜなら、私たちが本当につくりたいものは(薬とその先にある)患者様とそのご家族のかけがえのない希望に満ちた日々と考えています。真のニーズを知るために、すべての社員が就業時間の1%を患者様と共に過ごすことを推奨しています。

現在、これまでの製薬で蓄積したノウハウやデータを、医療機関, 診断薬開発企業, 研究機関, バイオベンチャーなどに加えて, 民間保険, 金融, フィットネスクラブ, 自動車メーカー, 小売業, 介護施設など、さまざまなパートナーへ提供・連携して、生活者の皆さまに新たな便益をお届けする「認知症エコシステム」の構築をめざしています。

プレエントリーはこちらから!

ENTRY