Vol.1|チームメンバー(前半)

インカレに参加しているだけでは知ることのできない、インカレ「もうひとつ」のストーリーをお届けする本シリーズ。最初は昨年度、決勝進出したチームのメンバー3名にインタビュー。この記事では最初のアイデアづくりの話を中心に、彼らがチームメンバーとしてどのように取り組んだのか、お話を伺いました。

【チームメンバーの紹介】※学年は、現在の学年です。

藤井さん(一橋大学 2年生)
昨年度の総合優勝チーム。ZOZOテクノロジーズのテーマに取り組んだ「Odd-e-Say」メンバー。広告系のサークルに所属し、コンテストに挑戦する先輩の影響を受け参加を決意。
藤井さんの「インカレモチベーショングラフ」


景山さん(静岡県立大学 院2年生)
生命保険協会のテーマに取り組んだ「キトキン協会」メンバー。しっかり者の彼女に誘われ、最初は軽い気持ちで参加。インカレ出場がきっかけで就職先にも変化が…?!
景山さんの「インカレモチベーショングラフ」


窪田さん(東京都市大学 2年生)
セコムのテーマに取り組んだ「ぴよぴよぴえん」メンバー。「なにかに挑戦したい」というタイミングで、大学の先生からインカレを紹介されたことで友達を誘って参加。
窪田さんの「インカレモチベーショングラフ」

チームメンバーとして、自分の役割を見つけていく

――まずは、キャリアインカレに参加したきっかけについて教えてください。ビジネスコンテストに参加することへのハードルは、高かったのではないでしょうか?

窪田:私はマーケティングの授業で、キャリアインカレのことを知りました。入学してすぐ、リーダーと「何か挑戦したいよね」と話していた時、偶然この大会を見つけて。というのも、大学1年生になったばかりでしたが、就活・将来に対して漠然とした不安を感じていたんです。これまで通りで、このままでいいのかなって。だから良いチャンスだと思って、いつも一緒にいる友だち2人を誘って参加することに決めたんです。

藤井:僕はコンペに関心のあるサークルに所属していたので、キャリアインカレのことはもともと知っていたものの、応募には至らなくて。サークルの中にはいろんなスキルや知識を持った先輩やビジコン経験のある先輩がいて、先輩たちに勧められたのをきっかけに参加しました。

景山:僕は彼女と2人で参加しました。僕、ちゃらんぽらんなんで(笑)、彼女から「もっと成長してほしい」と言われて参加することになったんです。個人的にも「なんか楽しそうだし、やってみるか」くらいの軽い気持ちで。

窪田:わたし、参加するって決めたものの、ビジコンはもちろん企画書を作るってこと自体も初めてで・・・。だから、まさかここまで勝ち進むとは思っていませんでした(笑)

――みなさんさんはチームの中でどのような役割を担っていましたか?

景山:リーダーは1人でもできるようなタイプだったんですね。だからはじめのころは、彼女のサポートとして、もっとよくするにはどうしたらいいか考えつつ原稿の修正や発表の演出を考えたりしていました。
最初は軽い気持ちで始めたけど、二人で考えを共有したりアイデアが具体的になっていくにつれてどんどん楽しくなっていって。もっと良くしたい、面白くしたいって気持ちにもなって、発表の演出は僕主体で進めたりしました。

窪田:プレゼン資料のデザインを担当するメンバー、リーダーとして積極的にアイデアを出すメンバーがいるなか、私は主に原稿作成を担当していました。特に秀でて得意なことがなかったから、常に「自分は何ができるだろう・・・」って考えていて。だから、書いた原稿は周りの人に見てもらって何度も書き直したり、発表当日の作戦を考えたり、自分なりに役割や存在意義を見つけようとしていました

藤井:リーダーはマイナビとの連絡を主に担当してくれていたので、僕はアイデアを考えながらプレゼン資料の作成やプレゼン演出を中心に取り組みました。僕らは、誰かがみんなを引っ張ったり、役割分担を明確にするというよりは、3人がそれぞれの特徴別に自主的に考えて動いてました。意識してたわけじゃないけど、自然とそうなっていった感じで。

最初の壁は、アイデアづくり。

――では、書類審査に企画を提出するうえで、それぞれの企業テーマを選んだ理由を教えてください。

窪田:私たちは始めからセコムのテーマ(注1)で考えてたんです。企画になりやすそうだと思って(笑)。最初は災害や外国人切り口に考えるもなかなか良いアイデアにならなくて、かなり煮詰まってしまいました。だけどリーダーの「救急車はどうだろう?」っていう一言で、一気にドライブがかかりました。「救急車」って、見てたドラマからヒントを得たみたいなんです。今思えば、みんな必死でアイデアにつながるヒントを得ようと、アンテナを張りながら生活してたんだと思います。

藤井:僕らは、アイデアがかぶらないことを意識して企業テーマを選んでいきました。だから最初は、人気が高そうなZOZOテクノロジーズのテーマ(注2)は早々にやめてたんです。次はセコムと生命保険協会の2つでアイデアを考え始めたものの、予想に反して全く進まず。時間だけが過ぎていって、正直しんどかった。でも、ある日寝る前にふと「これだ!」という当初のアイデアの突破口を見つけて。大急ぎで企画の概要をまとめてメンバーに共有しました。諦めずに考え続けることで、ようやく企業テーマを選ぶことができました。ぶっちゃけコアアイデアが決まったのは書類審査の2日前だったので、そこから血眼で作業しました(笑)。

景山:僕たちのチームは、リーダーが普段から「抱えている不安って漠然としてることが多い。だから行動に移せてない人が多いんじゃないか。」っていう考えを持ってたんですね。だから比較的スタートはスムーズにいきました。日々考えている「不安の解消」を形づくるのに最適だという理由で、生命保険協会のテーマ(注3)を選んだんです。

――なるほど。きっかけもテーマ選びも各チームそれぞれ全然違いますね。モチベーショングラフを見ていると、アイデアを考えることは大会の最初の壁だったのではないかと思えます。みなさん、どのように乗り越えていきましたか?

藤井:たしかに、アイデアを形づくることはめちゃくちゃ難しかった。だから、3人でMFCの「アイデアのコツ講座」と「ルール学」に行ったんですけど、すごい参考になって。やり方がわからなければ、ヒントをもらいに行くのがおすすめです。直接役には立たない部分があっても、アイデアを考える上では刺激になるんじゃないかな。

窪田:私たちもアイデアを生み出す段階ではとても苦戦しました。学校で同じ授業を受けている人が別のチームで参加していて。大学内のキャリアインカレ参加者の集まりで他のグループの発表を聞く機会があったんです。そこで、違うチームの発表から何かヒントを見つけようとしていました。みんなの発表と自分たちの考えを比較しながら、オリジナリティある企画に練り上げていこうと思っていました。

景山:僕たちもアイデアを作るにあたって、いかに独自性を持つかという点は意識していました。コアアイデアの要素である「漠然とした不安」をどんどん掘り下げていって、どうしたらオリジナリティが出せるかなって、とにかくいろんなものを組み合わせてみることにしたんです。そうしたら「不安×クラウドファンディング」という組み合わせにたどり着いて、よし、これだ!って。

藤井:僕たちはアイデアをブラッシュアップしていく中で、実際ピリついた瞬間もありました(笑)。というのも、一人ひとりが「それはちがう、きっとこうだ」っていう感覚を信じていて。で、互いの意見を出し合いながら、そこからアイデアの本質を引き出すという方法をとっていたんです。真剣だからこそぶつかることもあったんですが、企画がどんどん成長していくのはやっぱり楽しかった。

自分たちのやりたいことを貫く。

――大会を通して、もっとも大変だったことは何ですか?

窪田:企業の方がすごく熱心にアドバイスしてくれてたんです。でも私たちも精一杯考えていた。だから、それぞれが納得できる形を見つけることにはは苦戦しました。ただ、最終的には企業の方も理解して尊重してくれて、自分たちの意見を大切にして決勝に向かいましたね。

藤井:僕らも、アイデアに関しては一番時間をかけて考えている自信があったので、自分たちを信じてやっていました。とはいえやっぱり不安だから、いろんな人に考えを聞いてもらってたんです。ゼミの教授から辛口のコメントをもらって悔しい気持ちになったり、経験やノウハウを教わる面では先輩にすごくお世話になったり。でも最終的にはチームのメンバーを信じることが大切だなって思いました。

景山:大変だったとはちょっと違うかもしれないですが、動画審査はある意味僕たちにとって挑戦だったんです。多くのチームがビジコンらしい堅い雰囲気のプレゼンをすると思っていたから、似てしまうくらいだったら賭けに出よう!って思い切った演出に舵を切った。笑ってもらえるようにアニメのパロディのような演劇を加えたりして。もちろん、受け入れられなければ落とされてしまうという不安はありましたが、自分たちの思いを貫いていきました。

それに、企業の方たちが本当に手厚く考えたり応援してくれて。年末の忙しい時にもかかわらず、7〜8時間つきっきりで一緒に考えてくれたときには「適当な発表はできないな」って気が引き締まったのを覚えています。

*****

ここまでは、プレゼン動画審査までのアイデアづくりやチームでの取り組みについて伺いました。3人に共通していたのは、リーダーや他のメンバーとのバランスをとりながら、自分なりに役割を見つけていたこと。また困難にぶつかったときには、自分やメンバーを信じつつ、上手に周りに助けを求めて諦めずに取り組み続けたことでした。次はいよいよ準決勝大会。当日を迎えた裏側には何があったのか、また大会を通してどのように成長できたか、お話を伺いました。後半に続きます。

>>Vol.1|チームメンバー(後半)はこちら


注1)セコムのテーマ|2030年、社会や日常のあたりまえを変えていく、セコムらしい課題起点の新サービスを創案せよ!
注2)ZOZOテクノロジーズのテーマ|10年後の未来に存在するAIや新テクノロジーを使って世界中で大ヒットしているファッションECサービスを企画せよ
注3)生命保険協会のテーマ|自分の身の回りを観察し、生命保険会社が社会に提供できる『新しい安心とは何か』を考え、デジタル技術を使ったサービスを立案せよ

プレエントリーはこちらから!

ENTRY