【大学生ビジコン対策VOL4】評価されるビジネスプランとは

みなさんこんにちは、MFCの羽田です。

さて、これまで私はキャリアインカレ以外にも様々な学生向けビジコンを見ていきましたが、その中でよく感じることがあります。
それは「評価されるプランとそうでないプラン」の差ははっきりしているな、ということです。今回はそのことについて解説していきます。

ビジネスプランにする、ということ

まずはこれですね。ビジネスプランになっているかどうか、という点です。残念ながらビジコンで評価をしてもらえないチームは、ビジネスプランにそもそもなっていないことが多いのです。
どういうことかというと、「誰」に「何」を売っているのか、が明確に、かつ具体的になっているかどうか、ということです。

以前、あるビジコンで個人的に「これは面白いなあ」と思ったサービスがありました。
ただそのサービスを誰が買ってくれるのかまで落とし込めておらず、残念ながら結果は伴いませんでした。
彼女たち(女子3人組のチームでした)はプレゼンの際、「このサービスを企業に売りに行く」と表現していたのですが、やはりここではっきりしないといけないのは「どんな企業に」また「企業のどこの部門の人」が買ってくれるのか、です。
大企業なのか中小企業なのかベンチャー企業なのか、BtoB企業なのかBtoC企業なのか、はたまた人事担当なのかプロモーション担当なのか営業セクションなのかなどなど、一言で「企業」で片付けずにもっともっと具体的に深掘りできるはずなのです。そして買ってくれる人は何らかのニーズや課題を感じているからこそ、その商品を買う。そうした想定顧客のニーズの深堀までできているかどうか。最も基本的な事ですが、同時にとても難しいのもこの顧客ニーズの把握です。

自分たちが売り込もうとしている商品、サービスが、誰にとって価値のあるものなのか。そしてその「誰」とはどんな人で、どんなニーズを持っているのか
なるべく具体的に考えて落とし込んでいってみてください。

・・・と、まあ偉そうに書きましたが、とても難しいんですけどね。僕もいつも四苦八苦してますが・・・。

企業の強みを活かしているのか

これはキャリアインカレに限った話かもしれませんが、やはりテーマを出している企業の強み、価値を活かしているかどうかは重要なポイントです。
例えばJALのテーマでも「それ、JALじゃなくても良くない?」みたいなプランは過去にも結構ありました。その企業の強みを活かしつつ、新しいやり方で新しい価値を、つまりNew Way,New Lifeを提案できているかどうか。

例えばJALとはどんな会社なのか。「エアラインの大手」だけじゃまるで企業のことを理解していないことになります。それは事業内容であって、企業の強み、個性ではない

ではどうすればそれがわかるか。まさにそこがキャリアインカレの勝敗の分かれ道かなあと思います。答えが何か、ではなくてあなたがどう解釈するか、です。
ただ解釈するためにもインプットが必要。日頃どんな方面にアンテナを張って情報集をしているか。そして収集した情報をどのように解釈して自分の血肉とするか。日々のニュースに触れる姿勢や視点も見直してみるといいかもしれません。

さてさて、いかがでしょうか。
いづれも言葉にするのは簡単でも、実際に形にするのは難しいことです。私自身、ビジネスモデルを検討するのはいつも苦労しています。それなりに社会人経験がある人間でもビジネスモデルをしっかりと確立するのは難しいもの。でも皆さんにはそうしたマインドが求められています。

一人では息詰まったとしてもチームと議論して考え抜いて、それを形にできれば、少なくとも準決勝までは行けるはず。
是非頑張ってください!!

関連記事

  1. 【大学生ビジコン対策VOL5】プレゼンテーションのポイント

  2. 【大学生ビジコン対策VOL3】書類審査に通る企画書の書き方のコツ

  3. 【大学生ビジコン対策VOL1】チームを組む方法

  4. 【大学生ビジコン対策VOL2】テーマ選びの方法

PAGE TOP