大日本印刷

DNPは、国内外の約3万社の顧客企業や生活者に対し、幅広い事業分野で多様な製品やサービスを提供する世界最大規模の総合印刷会社です。

1876年の創業以来、印刷技術や情報技術を活かし、出版印刷や商業印刷から、包装や建材、ディスプレイ関連製品や電子デバイスなどへと事業領域を拡げ、世界シェアNo.1の製品を数多く開発してきました。

皆さんは「大日本印刷(DNP)」と聞いて、どのような仕事をイメージしますか?雑誌やチラシなど、“紙”に印刷をしている仕事のイメージが強いかもしれません。
実は“紙”以外にも“フィルム”や“建材”“金属”など様々なものに印刷をすることで、雑誌やチラシのほか、ICカード、食品や日用品を保護するパッケージ、壁紙や床材、スマートフォンの部材など、暮らしに欠かせない身近な製品やサービスを多数、生み出しています。

これらの多くは、社員一人ひとりのたゆまぬ努力と挑戦が創り出してきたものです。私たちはいま、「未来のあたりまえをつくる。」ことを目指して事業の拡大に努めています。

「未来のあたりまえ」とは、企業や生活者、社会の課題を解決する製品やサービスを開発して、それらが私たち一人ひとりの身近に常に存在し、なくてはならないようにしていくこと。そうした未来を実現していくことが、DNPの仕事です。

今回、皆さんに考えていただくのは、そうした「あたりまえ」をいかに創り出していくか。そのために、DNPのあらゆるリソースを使い、東京五輪後の世界を描いてみてください。皆さんが願う2021年を実現していくための、沢山のご応募をお待ちしております。

大日本印刷 キャリアインカレ2017テーマ
DNPを使い倒して、『2021年のあたりまえ』をつくりだせ!

PAGE TOP