安藤 真望(千葉大学 工学部 4年生)

私は消費者です。

私は現在デザインを学んでいます。
商品を作ったり、サービスを作ったり、空間を作ったりして毎日を過ごしていますが、使う人のことを全く考えていないような、自分勝手なものが出来上がってしまうことがあります。

そんな時は大抵、「自分も消費者である」といったことを忘れてしまっているのです。
自分は作るばかりの人だと思っていて、自分もまたそれを使う人の一人だということを忘れているのです。

キャリアインカレでは、常に「自分が使いたいと思えるかどうか」「こんな未来になってほしいと思えるかどうか」を考えながらプランを立てました。
取り扱ったのは、どこか遠いところの話ではなくて、自分たちに身近な話題です。

ビジネスという言葉が自分とは縁の遠いものと思っている方も、その消費者の視点から、自分たちのためのプランで勝負してみませんか。
きっと心に残る経験となるはずです。

スペシャルインタビュー

安藤 真望(千葉大学 工学部 4年生)
キャリアインカレ2017総合優勝、「うとえ」メンバー。うとえでは主にプレゼンスライドやモックの制作を担当。
もともと喋ることに苦手意識があったが、絵を描くのが好きでデザインの道に興味を持つ。絵だけではなく空間や平面、プロダクト、何でも学びたいと考えて千葉大学に進学。インカレ以外でも文章や写真、デザインなどあらゆるクリエイティヴ活動に取り組んでいる。現在は大学院進学を目指し勉強中。

プレエントリーはこちらから!

ENTRY