東京証券取引所

キャリアインカレ2018 東京証券取引所テーマ

地域や年齢を問わず、一人でも多くの人が、人生100年を生き抜くための資産形成に取り組むようになるにはどうしたらよいか考えよ

東京証券取引所からのメッセージ

日本人の人口は減少する一方、現在60歳の人の46%が90歳まで生きる時代となり、少子高齢社会から生じる課題を誰もが無視できない世の中となりました。お金に関して言えば、日本の年金は受給開始年齢の引上げと受給額の引下げが不可避であり、近い将来、日本のどこに住んでいたとしても年金だけで豊かな生活をおくるのは難しいと見込まれています。

多くの日本人は、老後のお金の問題を理解しつつも、「面倒だ」と思って行動に移さず、資産形成をはじめようという機運は盛り上がっていません。
そこで、私たち東京証券取引所は、地域や年齢を問わず、一人でも多くの方の資産形成の機運を高める施策を、大学生の若く柔軟性の高い頭脳で考えてもらいたく参画しました。大人をアッと言わせるような大胆で説得性の高い提案をお待ちしています。

東京証券取引所(日本取引所グループ)について

2013年1月、東京証券取引所と大阪証券取引所が経営統合して誕生した日本最大の取引所グループです。東京証券取引所へ見学に来られた中学生・高校生・大学生を対象とする経済教室の開催、各地の学校を訪問する出前授業、主に社会人を対象とする「JPXアカデミー」開講のほか、インターネットで資産形成を楽しく学ぶ「東証マネ部」も開設しています。近年は、全国各地の職場を訪問して年金や資産形成を一緒に勉強する「出張マネ部」にも取り組んでおり、多くの方が資産形成を始められるよう活動を続けています。

関連記事

  1. 大塚製薬

  2. 自民党

  3. セコム

  4. ワコール

  5. JAL(日本航空)

PAGE TOP